【参加者の声(感想)】映画「私はワタシ 〜over the rainbow〜」上映会&トークショー

映画「私はワタシ 〜over the rainbow〜」上映会&トークショーでは、非常にたくさんの想いのこもったご感想をお寄せいただきました。
 
掲載のご了承をいただいたもののうち、一部をご紹介いたします。
 
――――――――――――――――――――――――
 
〇トークショーのお二人の雰囲気、会場の温もりからこの企画にたずさわる人々のおもいが伝わってきました。参加者をもてなすその感覚があるからこそ多様性ある社会を目指せるのだと思います。ありがとうございました。教員としてできることはあると確信しています。貴重な機会をいただきありがとうございました。
 
〇生命保険の話題はとてもショックでした。声を大きく伝えていきたいと思いました。教育に関わる仕事をするものとして、LGBT等それぞれの方をそのままに文字と言葉にして、教材として伝えていきます。(教師であり教育委員会、人権教育課で勤務しています)今日、ロングバージョンである映画を観られて良かったと思います。トークショーで「人権」というキーワードがあったことも当然ですが、とてもうれしくおもいました。今日の縁をいただいたことにも感謝しています。
 
〇<映画>
あたりまえのことをあたりまえと認識する社会になってゆけばいいのになと思いました。
<トークショー>
作成の裏側がわかってよかったです。何も知らない監督だからこそできた作品だとおもいました。地方議員も失言というか理解不足な発言で炎上したことがありました。理解がすすんだ成熟した社会になればと思います。もう少し突っ込んで聞きたかったです。
 
〇長谷川さんの詩、圧巻でした。そして人権の話、全くその通りと(学校で教えるべき!!)思いました。人の間はボーダーがあるのではなく、グラデーションなんだと思う。地つづきなんだ、ほんとはみんな。この映画、小・中学校で見たらいいのに!
 
〇詩を書き下ろしでお書きになったこともすごい!!東ちづるさんのパワフルさも知り、とてもよかった。大学時代に「差別と社会」で学んだことが、今日拝見した映画が重なりあってとてもよかったです。問題発言について「生産性」で人間の価値をはかることが愚かだということ、とてもよくわかりました。「人のために役立つ社会であれ」ありがとうございます!!観にきてよかったです!! get in touchにDVDを申し込もうと思います。(広島で教員をしているので)「弟の夫」も図書館に入れようと思います。
 
〇LGBTとか、マイノリティーとか、そういうことに関係なく、みんながありのままでいられる社会の実現が、少しでも近くなりますように…。
 
〇この映画が学校現場で教材として上映できるかもという話をFacebookで知り、スタッフの方とのご縁もあり見せていただきました。当事者の方たちのリアルな声が聞け、途中涙でるほど感動しました。子供たちに知ってもらうことはもちろん、私たち教職員だけでなく保護者の方にも知ってもらうことが「まぜこぜ社会」に、わずかかもしれませんがつながるのではないかと思いました。ぜひこの映画が教材になることを希望します。そしてこういったことを理由に自殺する人が0になる社会をつくっていきたいです。トークショーで40分になると聞けたので、ぜひ子供にみせたいです。実は長谷川さんの場面が子どもたちに少し刺激が強いと思ってましたがそれもクリアになりました 笑。
 
〇自分自身のことを見つめることってすごく大切なことだなと、改めて感じました。映画の中で、みなさん、自分を見つめてきたんだな、その中でいろいろなことに気づいてきたのだなと。そこにはいろいろな人との出会いも関係しているなと。今日、本当に来てよかったです。映画の中の方々の想いに触れて自分自身を見つめる機会になりました。貴重な機会をありがとうございます。
 
〇会場までのみちのり遠かったけど…楽しかったです。主催者方々お疲れさまです。又こういう会があればまた参加したいと思います。
 
〇人の言葉を通して、自分のこれまでや、自分自身そのものを考えることができました。これまで通り、これからも、生きていこうと思いました。
 
〇区分することに意味はなく、まぜこぜすることの大切さは、当事者であればあるほどわかっていて、その事を周囲は正しく理解していける世の中であれば良いなと思います。そのためにも、この映画を多くの方々に見てもらいたいと思います。
 
〇長谷川さんに興味をもちました。また東ちづるさんのトークに魅き込まれ、改めて“人権”という言葉を思いだされた、考えさせられてます。私らしく生きていくにはと!
 
〇自分の知らないセクシャリティの事も知れ、とても良かったです。映画の中の母親のインタビューにすごく心打たれました。トークショー、うた、とても良かったです。子供達に広める事とても重要だと思いました。これからも活動、応援しています。
 
◯基本 自分らしくある事、 まさしく「私はワタシ」 これって性に関係無く 当たり前の事やん。LGBTQのインタビュー映画ですが、「人が生きやすく生きるには」を示した映画なので、生き方に迷っている人全員にオススメです。
 
◯日頃、いのちと性について、小中高校にゲストティーチャーとして活動しています。その際に、LGBTQを伝えています。性の多様性、どんな性を生きてもいい。どんな性を選ぶのも 生きるのもその人の人権であり自由だと、どんな性を生きる人も認め合おうと。そのため、より自分自身の理解を深めたいと思い参加しました。実際の方の声を沢山聞けて、その人の人生、生きる上での想いに触れる事ができて、深く考えさせられました。多様なせいで生きる皆さんそれぞれの笑顔、幸せな人生(東さんのおっしゃる波瀾万丈ではない人生に)が、印象的でした。カテゴライズしがちな自分自身に性だけでなく まず人は多様なんだという事に改めて気づかされました。ありがとうございました。
 
◯心も身体も女性ですが、男性女性と区別することにずっと違和感を感じています。女だからという差別も逆に特権(?)もいらないと思っていました。だから、女性らしくないと言われることも多々ありましたが、今となっては何とも思っていません。特に活動家でも無いですが、生きづらい方がいて、私が何かできるのであれば力になればと思います。監督の歌ステキでした!スタッフの方お疲れさまでした。
 
◯画中にもありましたが、みんなが知っていくことが、自分の考えに合わないものは排除する事が無い事になる様に思いました。出演している人々はワタシと云う強い信念を持っている方でそこまで行くにはすごい事と思う。
 
◯LGBTの皆さんのお話を聞く中で私自身も何者なのか?と考える事が増えました。ちづるさんの皆んなが幸せになれる社会という言葉がぐっときました。ありがとうございました。
 
◯はるな愛さんのインタビューで自分の居場所は必ずある!そこではなければ違う場所に行けばいいという言葉にグッときました。偏見が無くなることも大事ですが、自分の心地よい場所を見つけるのも大事だと思いました。
 
◯大変興味深く観させていただきました。生の声を聞くことがあまりなく、勉強になりました。
 
◯始めから終わりまで、目の離せない内容でとても感動しました。日本でもレインボーパレードをしていることを知りませんでした。まずは知ること、知ろうとすることが大切だと改めて思いました。
 
◯東ちづるさんの活躍に感動しました。ファンになりました。
 
◯活動されているマイノリティの方の気持ちを聞くことができて、刺激になりました!このような映画を作っていただきありがとうございました。
 
◯今回LGBTイベントに初参加しましたが、自分自身の性の事わからなくて、けど今のままでいいんやな!って思えました。パートナーと一緒に来て良かったです。自分自身がグルチャやオフ会を開いてLGBTの方の輪を広げたり力になれるような事を考え、してきましたが、これからも頑張っていこうって思いました。ありがとうございました。
 
◯今回LGBTのイベントに初めて参加させていただいたのですが、私自身知らないことも沢山あり、本当に勉強になることが多かったです。今までは、イベント等に参加するっていう飛び込む勇気もなく参加した事が無かったのですが、参加してみると、初めての人でも参加しやすい環境で想像とは違いました。この上映会をキッカケに自分自身ももっとコミュニティーを広げる勇気をもらえました。このような機会を作っていただき、本当にありがとうございます!!私自身ももっと周りに発信していけるような人間になりたいと思えました。本当に素敵な作品、トークでした!!ご協力されていた関係者の方々も、お疲れ様でした。ありがとうございます。
 
◯それぞれの生き方、考え方が映し出されていて良かったと思います。何が正しいとか、ないと思うのですが、意外とこのような複数の方をインタビューしているものが無かったので新しかったです。
 
◯実際にLGBTの当事者の方の生のメッセージを映画の中に込められている事が嬉しく感じました。奈良でも今年初めにレインボーフェスタを10月28日(日)に法隆寺にて開催します。ぜひお忙しいとは思いますが来ていただけると嬉しいです。
奈良でもカミングアウトできなかった10代、20代後半になり、自分らしく生きやすい社会に自分も講演していけたらと思います。
 
◯色々な意見があり勉強になりました。8歳の当事者の母です。学校への活動を頑張ってしています。(制服、男女分け、トイレなど)ご協力いただけることがあればと思っていたら、ゲットインタッチの教材があると聞いて先生に紹介しようと思います。
 
◯LGBTのことをより知ることができたと思います。まだまだLGBTの事を知っている人は少ないと思うので、もっと理解する人たちが増え、当事者の方たちが差別などを受けず、生きやすい社会になったらいいと思いました。この映画は、ぜひ私の友達にもすすめて観て欲しいと思いました。
 
◯トランスジェンダー当事者ですが親の気持ち、いろんなセクシャリティの人の声がきけて勉強になったし、いろんな事が気づけた。本当にこの映画を学校でして欲しい!!
 
◯京都で助産師をしています。(学校での性教育の講師をしています)。今後、学校に配布されると知り、是非私も観てみたいとの想いで来ました。当事者の力強いメッセージのたくさん詰まった素晴らしい映画でした。是非この映画を子供たちと観て、一緒に話せる場を作りたいなと思いました。残念ながら今日来れなかった助産師仲間が沢山います。私の感想をシェアします。子供たちと接する機会の多い仲間にも観てもらえる機会がもっと増えればと思います。
 
◯色々なセクシャリティの方たちが登場されていて、勉強になりました。監督がLGBTについて知識が無かったことで過剰な演出が無くて、自然体で良かったです。長谷川博史さんのインパクトが強烈でした。長谷川さんについてもっと色々知りたいと思いました。監督の歌が心に染み入る感じで素敵でした。
 
◯一人一人が幸せな毎日が送れたらいいなぁっていっぱい感動しました。LGBTの方たちと話をする機会がある中で、もっと支援できることがあれば、していきたいと思います。トークショーすごく楽しかったです。めちゃくちゃお話うまくて、引き込まれていきました。お忙しい中 お疲れ様でした。
 
◯いくら知識として学んだとしても、そこに人の想いがなければ意味が無いと思います。この映画は その思いがたくさん詰まったステキな映画でした。教育現場でも、子供たちにこの想いを届けられたらきっといい社会になって行くことと思います。
 
◯私は人が好きだ
それ以上でもそれ以下でもない
頭で考えないで心で感じた答え
やっぱり私は人が好きだ

◯ちづるさん ステキッ
 
〇多くの方のインタビューを聞くことができて勉強になった。3歳の子供を連れてみたので、途中退室し最後まで見れなかったので、DVDになったら嬉しいです。家でじっくり見たいです。(エンドロールに、自分の会社の名前がありにやりとしてました。)トークショーも楽しく聞かせていただきました。会場の多くの方と一緒に時間を共有できて素晴らしい時間を過ごせました。来てよかったです。ありがとうございました。
 
〇こういった会に初めて足を運ばせていただきました。違和感と居心地の良さの両方を感じました。性別なんてこの世からなくなればいいと思います。だれを愛したっていい、だれから愛されてもいいと思います。だれにも言えずウソついてる自分に腹が立ちます。正々堂々と生きる人たちがまぶしく感じました。でも、ありがとうございました!!
 
〇誰もがその人らしく自分らしく生きていければいいと思ながらも、自分も知らず知らずのうちに周りの人を傷つけていることがあるのではと考えました。知らないからしょうがないではなく、知ること身近に感じることから始めたいと思いました。
 
〇沢山のインタビューが編集された映画から多くの学びを得ました。また、トークショーで現在の活動状況等を伺えてよかったです!!優しい気持ちになる。そして誰かに優しくしたくなる時間でした。ボランティアスタッフの皆さまも、おつかれさまでした♡
 
〇性自認はゆれ動く小さい子への伝え方は確かに難しいデスネ!!(個人的にはカストラートしたかったのですが。。。)映画のインタビュー内容がよかった。多彩な角度から触れられるのがよかった。LGBTの問題は、二極では決してなく(Tが異性愛ってのが古典的な誤解ですね)レインボー(スペクトラム)であり、どのような性自認もあるから。LGBT当事者の悩みって、確かになかなか話さないですよね。ドキュメンタリーとしていつかどこかで何らかの形で公表することはやむをえないですね。映画の中では女子援に入ったFtMの娘の話が、ちょうどとそういうエピソードとして、出てきた例だと思います。映画字幕が前の人に多く見やすい形の椅子の配置だとよかった。百人百色ですね。東さんの水脈氏への評論すごく同意だし、私も水脈氏になってたかもしれません。下半身は下半身ですね!☆それがあるからMALEとして認めざるを得なくなりました!!中学校の学習シドウ要領の問題も頭が痛いトコですね!!(日本は硬直してますね)「生産性」はズバリ「生殖性」と訳されるらしい。生産性(生産額)だけじゃないですよね。本当。
 
〇ありがとうございました。どんな人でもマイノリティな面はあると思う。お話が心に残りました。
 
〇自分が知らなかったことを沢山知ることができ人それぞれ気持ちも違うことがしれた。トークショーでは明るくもLGBTに対する熱い思いを聞くことができてよかった。
 
〇大変興味深く見させていただきました。考えさせられることが多く、多様性が広まればいいと思いました。
 
〇色々なセクシャリティの声が聞けてよかった。セクマイの自分にも知らなかったことが多いいとわかったのが逆によかった。ハセガワ氏の詩と声がステキ。東さんの親近感のある生のこえにうれしくなった。
 
〇楽しくお友達と2時間過ごしたような感覚。とてもよかったです。いい意味でドラマチックになりすぎず、沢山の人の「等身大」を促えることができていると感じた。
 
〇当事者の親御さんの話に涙しました。私の家族はゲイを治せと言ってましたので、もっともっとわかってもらう努力すれば少し変わったのかも。もう、両親とも他界したのでおそいですが。。。
 
〇とても良かったです。LGBTについて理解しやすい内容でした。セクシャリティにかかわらず1人の人としてどう生きていくかを考えるきっかけになる作品でした。多くの人々がこの作品を鑑賞できればいいのにと思います。
 
〇良かったです。性の多様性な性認知出来ました。
 
〇泣いて笑ってステキな上映会でした。学校への映像配分の後企業の配布も考えていらっしゃること。総務人事で人権の取維、規模の改正を行う立場でもありますので、ぜひ完成了となるの楽しみにしています。生の声として役員に見せるのも新保あるかとないかと、考えながら見てました。あと、カントクの歌ステキです! CD買います!!
 
〇私たちは生産性があり社会に貢献するべき存在でなければならないという考えはとても危険で、逆に誰もが自分らしく輝ける社会に、どんな人も受け入れる社会にしていかなければならないことを学びました。私も将来映画監督になって自分らしく輝く方々の姿を映し出したいと思います。
 
〇すごく興味深かった。単にセクシャリティの問題ではないと思いました。ひとりひとりの人の生き方が肯定される社会になればよい。そういう社会にしないといけないと思います。
 
〇<映画>
長谷川さんの朗読の最初からグッと引き込まれた。私はワタシ人それぞれなんだと思いつつ、理解できないことを人それぞれで片づけるのもどうかなーと感じました。まぜこぜの社会で距離感を保ちつつ関わり合うことができればいいのに。Get in touchの活動を応援します。
<トークショー>
映画のことを忘れてしまうくらい楽しかったです!今日は素晴らしいイベントを企画していただきありがとうございました。
 
〇50人のインタビューをきいて、私たちは何事にもとらわれない人生を過ごせる未来を目ざしていきたいと感じました。そして東さんと増田監督のトークショーをきいて、とても素晴らしい目標を持っていらっしゃるんだなと思いました。また機会があればこの様なイベントに参加したいと思います。
  
〇東ちづるさん綺麗でした。
 
〇何らかのカテゴリーにしばられるのではなく、1人ひとりとして人を見ていくこと。その正しさを確認でき、勇気付けられました。東さんの活動もおどろきです。知ることで自分をふり返る感覚、共感します。私も何か活動をしたくなりました。
 
〇関西学院大学で開催されたraibow weekでもこの私はワタシを見させて頂き、本日が2回目です。何回観ても飽きません。get in touchさんはLGBTだけでなく世間では「マイノリティ」といわれる方々に焦点を当てているところが素晴らしいと思います。もっともっとみんなが生きやすい世界、日本になりますように。自分もできることを全力でしたいと思います。
 
〇理解を求める上では肯定的な意見や当事者の話は有益ですが理解を求めていく上では無理解・無知識の人の意見もあえてとりいれてもよいと思います
 
〇素晴らしかったですぅ 尊いひとりひとりのいのち東さんの輝く活動も応援していきたい
  
〇これだけ多くのLGBTの方のお話を聞ける映画を見ることができ、価値観が広がる経験をした。
 
〇LGBTQ、LGBT+などの言い方は初めて知りました。セクシュアリティがさまざまであることは、人が一人一人違うのだから当たり前のことだなと思いました。監とくが「知らないけど、知ってもそんなに変わりがない」とおっしゃっていたように、社会がお互いを認めていければいいなと思いました。
 
〇知らない言葉がたくさん出てきて、とても勉強になりました。周りに左右されず、自分を出していくこと、相手の考えを聞くことの大切さを改めて感じることができました。今後も機会を見つけて参加させていただきたいです。
 
〇とても素敵でした!!第2弾も作りましょう!!もっともっとたくさんのお話をききたいです。ちづるさんにまたお会いできるのを楽しみにしています。
 
〇みんな人間。男や女やLGBT関係なく、自分らしく自分を大切に生きていける世の中になっていく為に、自分の出来ることをしていきたいと思います。
 
〇映画、トークショー、とても良かったです。こういったイベントには、友人(ストレート)と来たことがありません。カミングアウトしている友人もいますが、していない友人もいます。もっと理解をしてもらえる、こういう人たちもいるんだって思ってもらうためにも次回もしこういったイベントがあったら、友人をつれて来たいと思いました。かんとくの歌、とても感動しました。すてきな声!ありがとうございます。
 
〇出演者の方々の「生」の声と想いがたくさん詰まった素晴らしい映画でした!これまで「LGBTQって何」と言っていた大人にも子供たちにも観てもらいたいです。
 
〇小学校の教職員です。自分のまわりや子どもたちがあるべき姿ではなく、自分を生きているのか考えました。まず自分を開示しながら、モデルになれたらいいなと思いました。すべての人のもちあじが尊重される社会にするために、子どもたちとがんばります。ありがとうございました。
 
〇世界(生き方?)は、自分が思っているよりまだまだ広いと感じました。家族や周りの人の理解が悩んでいる人を助けることがとてもよくわかりました。Get in touchの活動にも感銘を受けました。
 
〇トークショーでおっしゃっていたように、LGBTの人だからということではないのだなということを実感しました。小学校で教員をさせていただいています。私の感じたことを関わる人にも伝えていけるようにまたがんばっていこうと思う1日になりました。ありがとうございました。
 
〇長谷川さんを通じて、様々なセクシュアリティの人々にお話しを聞けてとても良かったです。10/8のラブパレード頑張ってください。私たちは10/6.7に大阪にてレインボーフェスタ・パレードを成功させたいと思います。
 
〇出演されている方、1人1人の言葉がとてもまっすぐというか、どれも素直に心にしみてくるようで、なんか優しいあたたかい気持ちになりました。LGBTでもそうじゃなくても、皆が誰かに否定されなくて、できれば肯定されて、それをまた誰かに返していけるような社会になればいいのになぁと思います。トークショーもとてもすべてのお話が肯定感に満ちあふれたもので、明日からもがんばれそうな(自分らしく)気持ちになりました。

〇私は小学校教員ですが、これからも教育現場で、子どもたちと一緒に自分らしさや自分は自分でいていいことについて話していきたいと思いました。今日はありがとうございました。応援しています。

〇本当によかった!!「マイノリティが生きやすい社会はみんなにやさしい社会」を実現するのは、私たち1人1人なのだと実感し決意をあらたにしました。レズビアンカップルで子どもを持とうとしています。社会の中で生きていく勇気がわきました。トークショーでかんとくや東ちづるさんの親しみやすいお人柄に感激しました。

〇LGBTは遠い昔からある事を知りました。強い人はいつどこでも自由に自分を表現出来るけど、弱い人はそうでないたくさんのLGBT活動で弱者も弱いとこから一歩ふみだせるのだと映画を通して伝わりました。

〇私はストレートですがLGBTの方々のなやみ、社会の中での苦しみを改めて認知することが出来たすばらしい映画でした。

〇私の姉はレズビアンでそれをかくし周りがすすめるお見合いで結婚をし子供も2人さずかり、だんなが今年、認知症になり、私も姉も全く話をする機会もなく・・・3年前母が亡くなりそこで姉に「心は男やんな?」って聞くと「アンタには言わないつもりでいたけど言ったとしてもわかってくれないと思ってたから」と言われましたが、私は知ってたし、今の時代いいんじゃないかな?自分は自分でいればと今は、姉が大好きです。こんな事を知らなかったのでぜひ姉にも伝えます。

〇私も私でいれるようでありますようにと考えさせられた。

〇とても涙があふれてきて良かったです。東ちづるさんとfacebookでつながりたくてメッセージででもお送りしています。お時間を見付けてご検討の程、よろしくお願い致します。また、つながりカフェ、GET IN TOUCHのボランティアにも参加させて頂きたいと思います。Tシャツも宣伝用にほしいです。キフもさせて下さい!!

〇全国の学校に無償配布すごくありがたい。それぞれの方が苦しんだ経験を糧にして活動されているのがすごいなと思いました。

〇映画内にあったあるべき姿ではなくあるがままの姿っていう言葉がすごく印象に残っています。また、自分の中だけの問題ではなく他者との関わりによって起る問題について話している人が多いことにすごく共感しました(うまく言えない!!伝われこの感じ!!)トークショーでは、LGBTならではの苦悩ではなく、ただただ幸せでありたいという話が多かったこと、監督自身がLGBTのことを知らなかったことにおどろきました。私はXジェンダーでアセクシャル。来月、周りの人にカミングアウトします。1人1人が生きやすい社会になりますように。とてもステキな上映会ありがとうございました。
 
 
関連ページ
9/15(土)映画「私はワタシ 〜over the rainbow〜」上映会&トークショー(新大阪)
 
ありがとうございました:9/15(土)映画「私はワタシ 〜over the rainbow〜」上映会&トークショー(新大阪)